個人のお客様

法人化シミュレーション

サービス内容

個人事業主の方が営む事業について、法人化することで税金が安くなるケースがあります。
法人化の一番のメリットは節税であり、所得税と法人税の税率の差がその根拠となります。
一般的に法人化することのメリットとデメリットには以下がございます。

【メリット】

  • 親族への給与や退職金を経費にできる
  • 退職金でもらうことで個人の所得税が安くなる
  • 会社が負担する生命保険などを経費に出来る
  • 個人に比べ社会的信用力が向上する
  • 代表者について無限責任から有限責任にできる場合がある

個人事業の場合、資産も負債も個人名義となります。
そのため借入金の返済ができなくなった場合には、個人財産で借入金を支払わなければなりませんが、法人の場合には法人の財産でのみ弁済すればよいこととなります。
ただし、法人の借入金について代表者が個人保証している場合(多くの場合金融機関から借入時に求められます)は個人にまで弁済義務が及びますのでご注意下さい。

【デメリット】

  • 全般的な管理コスト等の増加(税理士報酬など)
  • 法人から個人へのお金の移動時に税金がかかる(給与・配当など)

法人個人の比較イメージ